戦国無双4の武将のタイプとアクション攻略

ゲーム攻略・プレイステーション3・PS Vita

 

戦国無双4では、武将は通常攻撃タイプ、チャージ攻撃タイプ、神速攻撃タイブ、特殊技タイプの4つに分類され、それぞれ得意な攻撃方法が決まっている。

 

なお、戦国無双4では、武将ごとに、通常攻撃、チャージ攻撃、神速攻撃、特殊技のそれぞれの攻撃方法が使い込むことによって熟練度が上がって強化されるようになっている。

 

戦国無双4の通常攻撃タイプ

戦国無双4の通常攻撃タイプは、連続でくり出せる通常攻撃の回数が、最大12回まで増えるのが特徴である。

 

□ボタンを連打するだけで、敵に連続攻撃を叩き込むことができ、チャージ攻撃の種類も豊富で、チャージ9まで放つことが可能。
攻撃と併せて積極的に使いたい。

 

戦国無双4の通常攻撃タイプの武将

豊臣秀吉、徳川家康、浅井長政、島津義弘、前田利家、佐々木小次郎、立花宗茂、甲斐姫、北条氏康、綾御前、藤堂高虎、小早川隆景、新武将(双剣)

 

戦国無双4の神速攻撃タイプ

戦国無双4の神速攻撃タイプは、最大で8連続まで神速攻撃をくり出せることである。

 

戦国無双4で新たに搭載された神速攻撃は、敵兵をまとめて攻撃するのに便利な技だが、敵武将に放つと攻撃を弾かれるという欠点がある。

 

したがって、敵武将と戦うときは、通常攻撃やチャージ攻撃で攻めたほうがよい。

 

戦国無双4の神速攻撃タイプの武将

明智光秀、くのいち、伊達政宗、服部半蔵、立花誾千代、ねね、風魔小太郎、加藤清正、竹中半兵衛、井伊直虎、真田信之、大谷吉継、小少将

 

戦国無双4のチャージ攻撃タイプ

戦国無双4のチャージ攻撃タイプは、チャージ攻撃を最大3回まで続けて繰り出せるのが特徴である。

 

チャージ3やチャージ5のような、気絶効果やガード崩し効果、ガード不能効果のある戦国無双4のチャージ攻撃は強力で、とくに敵武将との戦いのときには重宝する。

 

戦国無双4のチャージ攻撃タイプの武将

真田幸村、前田慶次、石川五右衛門、お市、阿国、雑賀孫市、森蘭丸、今川義元、本多忠勝、宮本武蔵、長宗我部元親、柴田勝家、福島正則、柳生宗矩、上杉景勝、島津豊久、新武将(大太刀)

 

戦国無双4の特殊技タイプ

戦国無双4では、戦闘中にR1ボタンを押すと、武将固有の特殊技を放つようになっている。

 

ほかの、通常攻撃タイプ、チャージ攻撃タイプ、神速攻撃タイプの武将は、特殊技を単発でしか使えない。

 

しかし、特殊技タイプの武将は追加で特殊技を発動できるのが特徴。

 

特殊技の内容は武将によって異なるので、攻撃方法や効果を把握しておきたい。

 

戦国無双4の特殊技タイプの武将

織田信長、武田信玄、濃姫、稲姫、石田三成、島左近、直江兼続、ガラシャ、黒田官兵衛、毛利元就、松永久秀、片倉小十郎、早川殿

 

戦国無双4の立ち回り

戦国無双4で集団となった兵と戦う場面では、新たに搭載された新アクションでる神速攻撃を中心に組み立てていくとよい。

 

神速攻撃タイプの武将はもちろんのこと、通常攻撃タイプの武将でも、特殊技タイプの武将でも、チャージ攻撃タイプの武将でも、どのタイプの武将を使うときも、神速攻撃をくり出せば、最も効率よくかつ最速で敵兵を殲滅することができる。

 

ただし、神速攻撃は敵武将には弾かれてしまう。

 

そこで、敵の武将と戦うときには、通常攻撃やチャージ攻撃、そして無双奥義、影技、殺陣などを中心に立ち回るようにしたい。

 

また、戦国無双4の難易度を上げて"地獄"などでプレイするときには、敵の兵であってもチャージ攻撃や特殊技を使って、気絶などの状態異常を発生させる効果を利用すると、さらに立ち回りやすくなる。

 

戦国無双4でのガード対策

戦国無双4では、神速攻撃で敵の兵を一気にまとめて倒すことによって、無双ゲージや練技ゲージが通常よりも大量に溜まるようになっている。

 

したがって、敵の武将と戦う前に、神速攻撃を大目に使って無双ゲージを溜めておけば、いざ敵武将と一騎打ちとなったときに、、無双奥義や無双極意を使えるチャンスが増える。

 

また、影技もタイミングよく発動させたい。

 

戦国無双4では、練技ゲージがひとつ以上ある場合に、攻撃が当たった瞬間に×ボタンを押せば、相手のガードを崩す効果をもつ影技が発動する。

 

戦国無双4の難易度を上げると、敵はガードを多用してくるので、この影技でガードを崩してから攻撃するとよい。