とびだせどうぶつの森(3DS)でお金持ちになる方法

ゲーム攻略・ニンテンドー3DS

とびだせどうぶつの森(3DS)でどんどんお金(ベル)を稼ぐ方法

 

風水を利用して金運をアップする裏ワザ

とびだせどうぶつの森の村において、風水の効果は大きい。
自分の家の部屋の西に黄色い物を置くと、金運アップの風水効果が発生する。お金持ちへの一歩は、まずは風水からスタートするが、きちんと効果があり、少しずつ得した分が、長くプレイすればするほど、ちりも積もれば山となる。

とびだせどうぶつの森の風水による金運アップの効果

・いなリギャラリーで美術品を安く買える
・住民との取り引きで高く買ってくれるようになる
・「きんのスコップ」を使ったときのお金のなる木が育ちやすくなる

 

村の条例を変えてお金を稼ぐ裏ワザ

とびだせどうぶつの森の村において、お金持ちになるための条例といえば、やはり「リッチな村」となる。
確かに、お店で売ってる物も少し高くなるものの、自分が売るときも少し高く売れるので、売れば売るほど稼げるようになる。

 

とびだせどうぶつの森のリッチな村の特徴

・お店の販売価格が2割り増しになる
・お店の買い取り価格が2割り増しなる
・リサイクルショップの高額買い取り品が最初から2つになる
・島のお土産コーナーのメダル交換枚数が2割増しになる

 

リッチな村であれば、12000ベルのオウゴンオニクワガタが14400ベルで売れる。

 

フルーツを一度に売って稼ぐ裏ワザ

自分の村に最初からなっているフルーツ以外であれば、基本的に500ベルでリサに売ることができる。同じ種類のフルーツを近くで育てておくと、高額買い取りの日にまとめて売ることができるので、さらに便利になる。
同じ種類のフルーツは、最大9個までの「やま」としてまとめ売りする。ほかのアイテムをいったん地面に置いてでも、とにかくフルーツを拾って持ち物欄でフルーツをやまにして、フルーツをまとめ終わったら、ほかのアイテムを拾いなおすとよい。
なお、フルーツのやまを作るには、持ち物欄で、同じ種類のフルーツをドラッグして重ねるだけでよい。

とびだせどうぶつの森(3DS)でもっとお金持ちになる方法

とびだせどうぶつの森(3DS)でもっとお金(ベル)を稼ぐ方法

 

とびだせどうぶつの森ではアイテムを売るときに、商店街にあるまめつぶのお店よりもリサイクルショップの方が、高値で売れるようになっている。しかし、さらにリサイクルショップでの売り方に気をつけると、効率よくお金(ベル)を稼ぐことができる。

 

リサイクルショップでの売り方を工夫する裏ワザ

物を売って稼ぐなら、リサイクルショップを優先する。商店街のまめつぶの店だと、少し売値が下がってしまう。
通常にリサイクルショップでリサにアイテムを売る以外に、高額買い取りをチェックしたり、フリーマーケットに出品するというポイントもある。

 

高額買い取りを狙う裏ワザ

高額買い取りに指定されたアイテムであれば、ふだんの金額の倍の値段で買い取ってくれる。
不要品を売るなら、高額買い取りの日を狙うとよい。
特にフルーツは高額買い取りの日にだけまとめて売るようにしたい。
また、すれちがい通信をしたとき、行先の村でもリサイクルショップのかんばんを確認して何が高値で売れるのか、いまそのアイテムを持っているのかチェックしておきたい。
ただし、とびだせどうぶつの森では、家具などは、フリーマーケットのほうが結果的には高く売ることができる。

 

得な値段で村の住民にアイテムを売る裏ワザ

出品した時に出てくる金額は、リサに売るときと同じ定価の4分の1となっている。とびだせどうぶつの森の村の住民は定価近い値段でも買ってくれるので、逆算して4倍程度の価格設定でOKとなる。つまり、売値のだいたい4倍が定価であるので、仲がいい住民であれば、もっと高く買ってくれることもある。
ただし1万以上のアイテムはなかなか買ってくれない。

 

自分の出品したアイテムを買ってもらう裏ワザ

とびだせどうぶつの森のリサイクルショップを訪れた住民は、目に付いた物を買うようになっている。自分が出品したアイテムのそばまで話しかければ、その出品物を買ってくれることが多い。

 

とびだせどうぶつの森のカブ取引で一獲千金

日曜日の午前中、カブリバからカブを大量に買い込み、自分の村のでカブ価変動をチェックしつつ、友達の村のカブ価も確認して高値で引き取ってくれる村で売るようにしたい。
カブは、フィーバーすれば1カブ300~ 500ベル以上に高騰する。最低でも、安く売ってしまっても損をしないようにしておきたい。
なお、カブは部屋や地面に置いておくこともできるが、ロッカーやタンスに保存しておけば、おでかけ先の村で売るときに便利。

 

とびだせどうぶつの森の夢番地で1日1回更新する

夢見の館で夢を提供すると、更新したときのお礼として5000ベルが手に入る。(ただし、インターネット環境が必要になる)。
更新は1日1回までとなっている。
なお、更新した季節や時間帯が夢として登録され、新しく更新するまで変化することはない。

 

訪れた人への工夫

夢見の館で夢を提供する前に、みんなが遊びに来たくなるような村ではなくても、少しの工夫でより喜んでもらうよう村づくりをすることができる。
夢見の館から村を訪れる場合は、裸足にパジャマという格好になるので、着替えを用意しておいたり、採ると無くなってしまうものを置いておくとよい。スーパーキノコやケーキなど、本物のアイテムは食べてしまうのがおしいが、夢番地で訪れた時であればためらうことなく食べることができる。
ちなみに、夢を更新したあとにゆめみに話しかけると、最近訪問した人の名前を教えてくれる。

とびだせどうぶつの森(3DS)でムシ・サカナ・海の幸でお金を稼ぐ方法

とびだせどうぶつの森(3DS)でムシ・サカナ・海の幸でお金(ベル)を稼ぐために

とびだせどうぶつの森で、フルーツに以外のお金(ベル)稼ぎの基本は、サカナ釣りやムシ取り。そして、島でマリンスーツを手に入れると採れるようになる海の幸である。
ムシ図鑑やサカナ図鑑を埋めつくしてコンプリートを目指しながらより高く売れるムシやサカナ、海の幸を効率よく取るようにしたい。

 

とびだせどうぶつの森のムシ採りで稼ぐコツ

島では高価なムシが取れるが、とびだせどうぶつの森の村においても夏がムシ取りのベストシーズンである。島から持ち帰ったヤシやバナナを村の海岸ちかくの砂浜で育てれば、夏の夜から朝にかけてレアなムシ、特に甲虫が集まってくる。
また、1年中いつでも木を揺らすと出てくるハチは、取り逃しても「ハチのす」(500ベル)を手に入れられるようになっている。
さらに、ゆっくり歩いてもすぐに逃げてしまうようなムシは、歩いては止まり、止まっては歩きと少しずつ接近してムシの警戒を弱めて近づくのがよい。

 

とびだせどうぶつの森のサカナ釣りで稼ぐコツ

季節によって、狙い目のサカナが異なるが、基本的には、大きいサカナが高く売れるようになっている。(ただし、スズキを除く)。
背ビレのある魚影であれば、春夏秋冬の季節を問わず、高価な大物である確率は高いので、! 見つけたら慌てず釣り上げるようにしたい。
また、雨の日や雪の日には、シーラカンスを狙っていきたい。シーラカンスは、15000ベルで売れる高価なサカナ。狙い時は21時~翌4時の間であるので、もし雨や雪の降った日には村の海でシーラカンスを釣り上げたい。

 

とびだせどうぶつの森の海の幸を採って稼ぐコツ

海の幸はムシやサカナほど種類が豊富でない。したがって高価な海の幸も少ない。したがってお釜(ベル)稼ぎが目的であれば無理に狙わなくてもよい。
ただし、3月~4月に村の海で最大の魚影を見かけたならば、それは必ず10000ベルのタカアシガニである。移動する特大の魚影はタカアシガニしかいない。特大の魚影は、動いていればタカアシガニ、動かなければワカメである。海の幸を採るときには、魚影の真上から潜るのがコツなので、魚影の真上まで移動してから潜るようにしたい。

 

 

 

とびだせどうぶつの森(3DS)の南の島で確実にお金を稼ぐ方法

とびだせどうぶつの森(3DS)の南の島で確実にお金(ベル)を稼ぐために

とびだせどうぶつの森において、確実でしかも最大となる稼ぎどころは、なんといっても南の島。
1匹取っただけで10000ベルにもなり、村と南の島への往復料金10回分を稼ぎ出せる高価なムシを、1年中、いつでも捕まえることができる。
そんな高価なムシで稼ぐなら、狙い目となる時間帯は、南の島の南国の木にレアな甲虫が出現する17時以降から翌朝8時までである。特に夜遅い時間から朝早くがベストである。

 

村に持ち変えれる限り甲虫を採りまくる

とびだせどうぶつの森の持ち帰りボックスは4ページ分あり、40匹のムシやサカナを村に持って帰ることができる。高価な甲虫を中心に持ち帰るムシやヒレのあるサカナを選んで詰め込むようにしたい。

 

狙いは甲虫とヒレのあるサカナ

とびだせどうぶつの森の南の島では、下から上の方に移動して木に接近しムシを採る。海にも目を配りヒレのあるサカナを探す。

 

狙いとなる高いムシ以外は走って逃がす

バッタやヤドカリなどの安い獲物は走って追いかけ南の島から逃がし、高いムシが出現するのを待つ。

 

あらかじめ木の根元に穴を掘って確実にムシを捕える

木にたかっているムシを捕まえるのが難しいのであれば、木の根元にあらかじめ穴を掘っておく。掘った穴の手前までゆっくり移動してあみを振れば狙ったムシを確実に捕えることができる。

 

高いムシを捕まえやすくなるように南の島を改造する

とびだせどうぶつの森の南の島では、一度に登場するムシやサカナは3匹までとなっている。したがって花や低木にチョウ・バッタ、木にはセミ、草地にはバッタ、砂浜にはヤドカリなど、決して高価とは言えないムシやサカナが現れてしまうと、レアで高価な甲虫は出てこない。
そこで、花や低木、普通の木をなくして、南国の木であるヤシやバナナだけが残るように南の島を改造してしまえば、その分レアで高価な甲虫が登場する確率が上昇する。
とびだせどうぶつの森の南の島に残す南国の木は6本~7本ぐらいにして、あとの木はオノで切たおしておくとよい。もちろん南国の木は自分でムシがよく見えるところだけを残すのだが、植え替えてしまってもよい。
また、残った切り株はカミキリムシなどが登場するようになる。ムシ図鑑のコンプリートするためでなければ、切り株も抜いてしまったほうがよい。