フリーダムウォーズ攻略ガイド│ゲームバックリンカー

フリーダムウォーズ攻略情報一覧

『フリーダムウォーズ』は重厚なストーリーや白熱の戦闘を体験できる、“奪還”マルチプレイアクションゲーム。
プレイヤーは牢国都市“パノプティコン”に所属する咎人(トガビト)となり、自由を奪還するための戦いに挑むことになる。

 

フリーダムウォーズの武器

武器の生産に必要な資源
近接武器の性能
近接武器の強化

フリーダムウォーズのボランティア

 

フリーダムウォーズのシステム

 

フリーダムウォーズの登場キャラクター

咎人(トガビト)

プレイヤーの分身となる主人公は咎人である。パノプティコンでは何も生み出さない者は咎人と呼ばれ、懲役100万年を科せられている。咎人たちは刑期を減らし、権利を獲得してみずからの自由を奪還するためボランティア(戦闘)に挑むことになる。

 

マティアス・“レオ”・ブルーノ
  • 声:石田彰
  • 新人の咎人。自分と近い境遇の主人公に、世話を焼いたり、相談をしたりする仲間もありライバルでもある存在。非常に仲間思いで、よくも悪くも正直者である。口癖の“shaz”は、“ヤバい”、“スゴい”などの意味に近い、マティアス・“レオ”・ブルーノの造語。

 

ウーヴェ・“サカモト”・カブレラ
  • 声:中田譲治
  • パノプティコンに多大な貢献をしているベテランの咎人。生存するのが困難な生活の中、つねに戦場に立ち続ける歴戦の勇士で、ウーヴェ・“サカモト”・カブレラに導かれて一人前になった者は多い。主人公もそのひとりで、彼とともに幾多もの戦いに挑んでいく。

 

エルフリーテ・“サカモト”・カブレラ
  • 声:東山奈央
  • 非合法な闘技場“ロイヤルラウンド”において、現役最強のチャンピオンとして君臨する咎人の少女。容姿とは裏腹に高い戦闘能力を持っており、後輩である主人公やマティアスに対して、ことあることに先輩風を吹かす。

 

カルロス・“テオドシウス”・ジンナー
  • 声:藤原啓治
  • ウーヴェとは旧知の仲であり、ライバルにして悪友。軽薄かつ打算的な性格で、つねに楽しく、生き残ることだけを目的としている。主人公たちとは別のノーグパノプティコン所属の咎人だが、なぜか主人公たちのパノプティコンに入り浸る。

 

アクセサリ

パノプティコンから配給される生体アンドロイドで、咎人であるプレイヤーのパートナー兼監視者。プレイヤーに随行して行動をつねに監視しているほか、ボランティアでは武器を手に戦闘に参加し頼もしい相棒として活躍してくれる。

 

ベアトリーチェ・“リリィ”・アナスターシ
  • 声:中村絵里子
  • 主人公が所属するパノプティコンの深部に囚われていた謎の女性。アブダクターの駆動音を聞き分けるほどの機械マニア。主人公に救い出されたあと、咎人としてともに歩むが数奇な運命に翻弄されていく。

 

シルヴィア・アナスターシ
  • 声:井上麻里奈
  • 空中に存在する都市国家“天獄”の少女。ベアトリーチェの妹で、天獄の対地上部隊の隊長を務める。ふだんは物静かだが戦いでは非常に好戦的。とある任務をこなしながら、天獄から消えた姉を追って地上にやって来る。

 

アナエス・M
  • 声:原由実
  • ボランティアで意識を失った主人公が、夢のような不思議な世界で出会う女性。ことあることに主人公の前に姿を現しては、意味深なメッセージを残していく。なおアリエスの正体や目的など、その多くが謎に包まれている。

 

アーベル・“シュトラーフェ”・バルト
  • 声:諏訪部順一
  • “世界最強”と称される咎人のひとり。強大な力を持った生体兵器“憤怒の烈火(レッドレイジ)”を駆り、敵対する巨大パノプティコン“ホウライ”のエースとして君臨しており、主人公のライバルとして立ちはだかる。

 

ナタリア・“9”・ウー
  • 声:浅川悠
  • 安全保障局代35社会防衛軍社会調査会隊長を務める、パノプティコンの法と秩序の執行者。パノプティコン上層部と思想の代弁者であり、法を守らない咎人に苛烈な取り締まりを行うが、ナタリアの根底には仲間を守りたいという深い愛情がある。

 

ユリアン・サダート#e
  • 声:赤羽根健治
  • 主人公がボランティアで救助したことをきっかけに親しくなる市民(シヴィリアン。高い能力を持つ人々)。主人公と交流していく中で、主人公の想いに打たれ、不正な行為と知りつつ、さまざまなサポートをしてくれる。

 

主人公をサポートしてくれる仲間咎人

※ボランティアには3人の仲間咎人とともに挑戦することができる。ボランティア中の行動は、仲間咎人たちの性格によって変化し、例えば小剣を装備したニーナは、アブダクターのパーツを破壊する“溶断”を積極的にを狙うなどの個性がある。したがって、ボランティアの目的に応じて、同行させるメンバーを選抜するとよい。

 

ハル・“ベイブ”・ヴィトー
  • 声:江口拓也
  • 20代中盤の男性咎人。情報通で見た目は爽やかだが、中身は究極のドMという残念なイケメン。妹のアンのことを、兄として面倒を見ていると思っているが・・・

 

アン・“チャーム”・ヴィトー
  • 声:麻倉もも
  • 残念な兄のハルをサポートする世話好きの常識人。健気で心やさしい性格をしており、ハルや個性的なメンバーに振り回されることが多い。年齢は16歳前後。

 

マリー“アルマ”・ミラン
  • 声:夏川椎菜
  • 20歳前後の女性咎人。気弱でドジな性格を直したいと思っている。会話するのに慣れていないが、武器マニアで武器について話し出すと止まらなくなる一面も持つ。

 

シズカ・“フェイク”・ローラン
  • 声:雨宮天
  • 20代前半。おしとやかで人当たりもよいが、内心では他人をジャガイモか何かだと思っている。やさしい言動と腹黒な言動のギャップは、周囲に恐怖を振りまく。

 

ニーナ・“エリザベス”・ディアス
  • 声:中上育実
  • 20代半ばの咎人。性格は姉御肌で暴君タイプ。刑罰を気にせず、自分のやりたいように行動する自由人で、面倒見がよく、サバサバしていて人見知りをしない。

 

カイ・“ヴォルフ”・シルバ
  • 声:宮下栄治
  • 無愛想でクールな男性咎人。年齢は20代前半。近寄りがたい雰囲気をまとっているが、意外にも周囲のことをしっかり見ており、じつはお人よしな性格である。

 

ビリー・“レパード”・コレル
  • 声:山下誠一郎
  • 自分とよく似た境遇のマティアスを伝説の先輩として慕う、10代後半の青年。強気で奇抜な言動が多く、自分の武勇伝を語りたがるが、じつは臆病でヘタレ。

 

セルジオ・“ヘルゲート”・コクトー
  • 声:後藤ヒロキ
  • 30代後半。教官タイプの咎人で規律にきびしい。わざと刑罰を受けて低い階層に留まり、若い咎人を鍛える。多くの咎人に恐れられる一方で、尊敬も集める人物。